むくみは間食と血液型が関係ある?

デスクワークなどであまり動かない方も、立ちっぱなしのような仕事の方も、むくみが気になるということをおっしゃいます。そもそも、むくみっていったい何なのでしょうか。
むくみというのは、血液中の水分が血管やリンパ管の外にしみだして、手足・顔などの皮膚の下にたまった状態です。原因は長時間同じ姿勢でいることなので、座っている・立っているには関係なく、あまり動かない職業の人に多いのです。また、一度むくんでしまうと老廃物の除去作用がうまく働かなくなり、さらにむくみやすくなるという悪循環に陥ってしまいます。むくみが原因の病気もありますので、あまりひどい時は病院に行って診察を受けておきましょう。
病気が原因ではないとわかった場合でも、なかなか良くならないことがあります。なるべく血液の循環を良くしているのに改善というような場合は、間食を食べすぎていないか気をつけましょう。むくむと、脂肪もつきやすくなるので、さらにパンパンになってしまいます。塩分をとりすぎや冷え性が原因でむくんでいることも多いので、間食するならアーモンドなどを積極的にとりましょう。アーモンドには、体内のナトリウムを排出してくれるカリウムや、血液循環を良くしてくれるビタミンEを豊富に含まれているので、むくみ対策にはばっちりな間食なのです。
また、血液循環に血液型は関係があるのでしょうか。血液型によって効率的なむくみ防止方法があれば、実践したいところですが、血液型とは関係がありません。血液の成分はほとんどが水分なので、血液循環を良くする為には水分をたくさん摂取することも大切です。むくみがなくなると、身体のラインがスッキリするだけでなく、より健康な毎日を送ることができますよ。